千歳相互観光バス 札幌200か2656


千歳相互観光バス 札幌200か2656/日ディKC-UA460LSN+富士重工業(7E)

西武バス中古車でワンステップ車です。
西武は京急・京王に比べ低床化はローペースでしたが、
早期よりワンステップの大型車を少しずつ投入しており、
久11系統向けにA5-208・A5-308が滝山営業所へ、
立34系統向けにA6-369が小平営業所へ、
1995年及び1996年に、まず配置されました。
この3両は中扉に車椅子リフトを装着しており、
その関係で中扉はグライドスライド扉となっていました。

続く1997年はワンステップ車が多く増備されており、
まずA7-402・A7-451・A7-456・A7-467の4両が
まず、小平営業所と所沢営業所に投入されました。
この4両はリフトの代わりに車椅子スロープを設け、
その関係から中扉は四枚折戸とされましたが、
この折戸が中型車用の狭幅のものとされており、
天地方向に拡大された側面窓と相俟って、
非常に特徴的なサイドビューとなっています。

一方、同じく1997年に投入されたA7-431・A7-444、
及び、A7-475・A7-476・A7-478・A7-479は、
車椅子スロープは省略され、中引扉とされています。
その代わり、前扉には「イージーステップ」と呼ばれる、
補助ステップを装着して登場しているのが特徴です。

その他にも、同年には西武初のワンステップの中型車、
A7-425~A7-430が滝山営業所に投入されており、
こちらも車椅子スロープ付きとされています。
また、入間市循環バス用として、ワンステップの小型車、
A7-414~A7-416も飯能営業所に投入されています。

これらのうち、この車は元A7-451とされている車で、
その特徴的なサイドビューもそのままに活躍しています。
中扉が狭くなった分を調整するために入れられた、
幅の狭い側面窓の存在もあり、長く見えますが、
型式通り、ホイールベース5.3mの標準尺車です。

塗装はワンステップ車・ノンステップ車用の塗装ですが、
ノンステップ車では省略された側面の鶴のマークが、
しっかりと復活しているところも注目されます。
塗装変更以外は内外ともにあまり手が加えられておらず、
特に車椅子の乗降に対応した後面の乗降中表示灯が、
西武時代のまま残されているというのも嬉しい限りです。
なお、A5-208・A7-456は背面が樹脂製の座席でしたが、
こちらの座席は西武時代より一般的なものとされています。

カテゴリー: 千歳相互観光バス パーマリンク

千歳相互観光バス 札幌200か2656 への2件のフィードバック

  1. 瓦版 のコメント:

    中扉のせいか、本当に長く見えますよね。

    同期の431(新座)は近くの中央バスにいるようですね。

    関東自動車にも入ってはいますが、栃木(営)故にちょっと見に行き辛いのが難点です(汗)

  2. 大曽根線 のコメント:

    >>瓦版様
    いつもコメントありがとうございます。
    前方から見ると中扉が通常の幅に見えるため、
    狭幅の窓の分だけ、車体が長く見えてしまいますね。

    西武には4両いた狭幅4枚折戸のワンステップ車ですが、
    北海道中央、千歳相互、関東自動車、富山地鉄と、
    綺麗に移籍先が分かれましたね。

コメントを残す