金剛自動車 和泉230あ1901


金剛自動車 和泉230あ1901/日ディPB-RM360GAN(B型96MC)

2007年に投入された自社発注車3両のうち、この1901は
金剛では1997年式の791以来の中型車であるだけでなく
初の日産ディーゼル車となったため、注目を浴びました。

外観では、西日本車体工業製車体を架装するだけでなく、
側面窓は引き続き銀サッシの逆T字窓とされているほか、
屋根上に前後マーカーランプと前方右寄りの箱型通風器、
サーモキング製パッケージクーラー等が搭載されており、
また左側面の前輪のホイールアーチと中扉の間の腰板と
右側面のホイールベース間の腰板にはモールが付くなど、
仕様は概ね431を踏襲し、他車と比し違和感はありません。
ちなみに同年に投入された大型車1902・1903はいずれも
三菱ふそうバス製造製車体へと、切り替えられています。

強く目を惹くのは、2006年の灯火器保安基準改正に伴い
テールランプが金剛の伝統となっていた三連テールから、
メーカー標準仕様であり、かつ改正後の基準に対応する
市光工業製26550-WJ125・26555-WJ125となったことです。
また右側面の路肩灯上部に入る社番も目立つところです。

車内の方も概ね431を踏襲し、内張りが上半分が薄緑色、
下半分がレザック紙風の模様入りの内張りとされていて、
床は草色の滑り止めの円形の突起がつく床材張りとされ
側面窓はロールアップカーテンがしっかり付いています。

座席配置は、ワンステップ車にもかかわらず中扉以降に
横向き座席が残されているのが大きな特徴となっており、
左側前半は前向き1人掛2列、後半は横向き2+2人掛とされ
右側は前向き1人掛8列という、623以降に準じたものです。
座席表皮は、従来の緑色ではなく青色となっていますが
座席の背もたれは引き続き優先席が黄色、一般席が白色の
ビニール製カバーが付き、座席の背面には内張りと同じ
レザック紙風の模様が入った化粧板が張られています。
また握り棒に巻かれている緩衝材は黒色とされていますが
座席側面に取り付けられた取っ手は橙色となっています。

現在は、金剛の路線車では唯一の中型車となっていますが
特に路線や運用が限定されている様子は伺えませんでした。

カテゴリー: 金剛自動車 パーマリンク

コメントを残す