関鉄パープルバス P004


関鉄パープルバス P004/日野U-RJ3HJAA+日野車体(Rainbow)

千葉内陸中古車で、内陸時代は専用塗装をまとい、
バードヒル池花線(四街道駅―バードヒル池花)で活躍していた、
3両のうちの1両です。

関鉄にはここのところ、
西武中古KC-RM211ESN改、神奈中中古U-LR322J等、
相次いで中型中古車が入っていますが、
以前は日観、日水などグループ全体でも、
西武中古K-RM80G、千葉中央中古K-MK116H、
千葉交中古P-LR312J・P-RJ172BA、
茨観中古U-MK618J、KC-MK619J、
この辺りが多少目立つくらいで、少数派だったように感じます。
P004はそうした中、G006、G007と共に
久々に投入された中型中古車です。

外観上はなんといってもヒドゥンピラーの逆T字窓が目立ちます。
またこれは内陸時代からの特徴ですが、標準サイズである
側面方向幕が逆T字窓の上段に収められているのも
ちょっとしたアクセントになっていると言えます。
なお、ミッションはフィンガーシフトとされています。

車内はパステルカラーの座席が並ぶ特徴的な仕様で、
横向き座席が主体の収容力のある座席配置となっています。
千葉県内にはこのようにディベロッパーとタイアップして、
専用塗装をまとう、独自の仕様の車を導入する事例が多いですね。

カテゴリー: 関東鉄道 パーマリンク

コメントを残す