ジェイアールバス関東 L527-04501


ジェイアールバス関東 L527-04501/日野KL-HR1JNEE+日野車体(Rainbow HR)

古河支店時代の2004年に投入されたL527-04501は
JRグループにおいては極めて珍しい中型ロング車で、
佐野支店の一般路線車では最も有名な車だと思います。
一時期は、全国的に勢力を延ばした当車種ですが、
茨城県下の納入例はごく僅かで、この車以外には、
関東鉄道取手営業所の1870TRがいる程度です。
古河支店時代に投入された唯一の自社発注車であり、
佐野支店の一般路線車としては、最新鋭の車です。

古河支店は2002年に土浦支店から独立して以降、
路線新設や系統番号導入など、積極的施策を打ち出し、
その姿勢は佐野支店への統合後も継承されていますが、
この車は車両面の改善の象徴といえる存在です。

古河支店では路線新設や系統番号導入の絡みからか、
土浦支店からの引継車については、行先表示機を
方向幕からLED行先表示機へと交換していますが、
この車は登場時よりLED行先表示機とされていました。
また、当初よりLEDデイライトを装備している所は、
JRバス関東らしい仕様だと言うことが出来るでしょう。

車種選択の特異性ばかりに目が行ってしまいますが、
灰色系の内装に、水色の床材が張られた床、
青色系の柄物の座席表皮、黄色の握り棒など
内装は、同時期に宇都宮支店などに投入された、
ノンステップ車と概ね同様のものとされています。

登場後、すぐにこれまたJRバス関東では珍しく
広告ラッピングが施され、その後も何度か、
広告ラッピングを纏ったことがありますが、
2010年以降は、綺麗な姿を維持しています。
また、古河支店に所属していた他車と同様に、
左折及び後退ボイスアラームの追設や、
ハイマウントストップランプの追設がなされています。

136FH000017t

カテゴリー: ジェイアールバス関東 パーマリンク

コメントを残す