茨城交通 水戸200か1488


茨城交通 水戸200か1488/日産ディーゼルKK-RM252GSN+富士重工業(8E)

西武バス中古車で、西武時代の社番はA0-650です。
1999年に川越営業所に投入された車ではありますが
遅くまでツーステップ車を投入していた西武らしく
平成10年排出ガス規制に対応したモデルながらも
ツーステップ仕様とされたことが大きな特徴です。
西武の路線車では、最後のツーステップ車でしたが
2014年に廃車となった後、同年中に茨交へと移籍し、
茨大前営業所に投入され水戸市内で活躍しています。

西武のツーステップ車としては標準的な仕様のため、
外観上は、先行して西武より移籍してきた中型車の
1023・1068・1127・1231と非常に似てはいますが
エバポレーターが車内の天井のダクトに納められた
ビルトインクーラーに改められたことが目立つほか
前バンパーにコーナリングランプが設置されたこと
ターボチャージャー、インタークーラー搭載に伴い
右側面後方の開口部の形状や個数が変更されたこと
エンジンリッド大型化に伴い両脇のパネルが狭まり
補助ブレーキランプが側面寄りになったことなどが
メーカーの仕様変更による外観上の差異と言えます。

また、トランスミッションはロッドシフトではなく
ワイヤーリンケージシフトとなったことが特筆され
シフトノブが床から直接伸びているわけではなく、
その形状もフィンガーシフトとよく似てはいますが、
アクチュエータを持たずエアーの作動音もしません。
このワイヤーリンケージシフトは日産ディーゼルの
同時期の複数のモデルで設定されていたようです。
「偽フィンガー」と呼ばれることもあるようですね。

更に中期ブレーキ規制に伴うメーカーの仕様変更で
パーキングブレーキがホイールパーク式とされて、
操作時にチャンバー内の圧縮空気が減圧されるため
古めかしい外観に反しこの作動音がするのも特徴です。

車内は当時の西武としてはごく標準的な仕様とされ
内張りは上半分象牙色・下半分薄緑色となっており
床は通路が滑り止め付き、他が平滑な薄茶色の床材、
座席配置は前向き一人掛けが主体で一部は二人掛け
座席表皮は優先席が赤色の、他は青色の格子柄です。
車内の握り棒は、黒色の緩衝材が巻かれていますが
乗降口付近のみ橙色の緩衝材なのがやや目立ちます。

外観の仕様の平凡さゆえあまり目立たない車ですが
転換期らしい特徴的な仕様の車であり目を惹きます。

カテゴリー: 茨城交通 パーマリンク

コメントを残す