阪東自動車 278

56FH010012t
阪東自動車 278/いすゞPA-LR234J1+J-BUS(ERGAmio)

2002年に東武からの路線移管に伴って、
一挙に10両が投入された中型車ですが、
以降も、新路線の開業等のタイミングに併せ、
少しづつ中型車が投入されています。
2005年には湖南台線(我孫子駅―手賀の杜プラザ)の
開業に際して277・278の2両が投入されました。
2007年には湖南台線は東武バスイーストの
小野塚台バス停と同一の場所に設置された、
手賀の杜ニュータウンバス停まで延長されています。

クーラーは引き続きデンソーが選択されていますが、
走行風取り込み形に変更されているのがポイントです。
また国土交通省標準仕様ノンステップバス認定制度に
準拠して投入されているのもこれまでの中型車からの変更点で、
それを示す青色のステッカーが貼り付けられています。
もちろんトランスミッションはアリソン製の
トルクコンバーター式オートマチックトランスミッションが
引き続き選択されているのは阪東らしいところです。

阪東では、担当車制をとりながらも
基本的に大型車と中型車とを分けて運用していて、
このような継続的な中型車の投入により、
東武から移管された戸張線(柏駅東口―戸張)の他にも
2003年開業の柏慈恵線(柏駅東口―ウェルネス柏)、
2005年開業の湖南台線(我孫子駅―手賀の杜ニュータウン)、
といった比較的新しい路線や、
布佐新木線(布佐駅南口―スポーツセンター―新木駅)、
慈恵線(北柏駅―慈恵医大柏病院)、
といった需要の伸び悩む路線で
このような中型車の活躍を見ることが出来ます。

80FH000001

カテゴリー: 阪東自動車 パーマリンク

コメントを残す