茨城交通 水戸200か1101

122FH030022
茨城交通 水戸200か1101/日野PDG-KR234J2+J-BUS(RainbowⅡ)

自社発注車です。
茨交では、経営共創基盤傘下での経営再建に伴い、
2004年式の545・546以来、5年間途絶えていた
路線車への自社発注車投入を2009年に再開、
1014・1015の2両の日野製中型車の投入がなされ、
それに続いて2010年には40・45系統の増発も絡み、
沿線の東茨城郡城里町からの補助金を受けて
1099・1101の2両の日野製中型車だけでなく、
1100・1102の2両のいすゞ製大型車も投入されました。
うち1100・1101は浜田営業所に新製配置されています。

仕様としてはこれといったオリジナリティは見いだせず、
クーラーもメーカー標準のデンソー製となっています。
車内は座席配置がメーカーが設定する郊外型を採用、
乗降口側が前半が前向1人掛3列・後半が前向2人掛2列、
非常口側が前向1人掛1列・前向2人掛2列、そして、
折畳可能な前向1人掛2列と前向2人掛3列となっています。
都市型・ラッシュ型のように乗降口側前半の横向座席がなく、
その下に設置される燃料タンクが非常口側前半に移設され、
併せて給油口も左給油ではなく右給油となっています。
なお、行先表示機は1014・1015で採用のオージ製ではなく、
レシップ製のLED行先表示機とされたのもポイントです。

さて、2012年以降、大洗町を舞台としたテレビアニメ
「ガールズ&パンツァー」との様々なタイアップを実施する
茨交は、360に同アニメのキャラクターのステッカーをあしらい
「ガルパンバス」として那珂湊営業所管内で運行していました。
ところが2013年、同アニメとの連携による活性化の取り組みが
観光庁「今しかできない旅がある」若者旅行を応援する取組の
奨励賞を受賞することとなり、式典への乗り付けを計画したところ、
同車は排出ガス規制に適合していないために不可能となり、
その代わりとして急遽、規制に適合している当車に対して
同アニメのキャラクターが描かれたラッピングを施した上で、
「ガルパンバス2号車」として竣工、乗り付けを実施しました。

その後、中型車故の機動性の高さも幸いしたのか、2013年7月の
新千歳空港アニメフェア2013ガールズ&パンツァーカーニバルで、
北海道への上陸も果たすなど、各種イベントでも活躍しています。
とはいえ、補助金の関係からか那珂湊営業所に転入することなく
現在もなお浜田営業所に配置されたままとなっていますので、
大洗町方面に向かう50系統等で運用されることはあまりなく、
浜田営業所の他車と共通に、水戸市内を中心に運用されています。

さて、本型式は排気ガス中の粒子状物質(PM)除去のために
DPDが装着されており、このフィルターにPMが一定量堆積すると
アイドリング時に自動でエンジンを空ぶかししてPMを燃焼させる、
自動再生を実施しますが、この際、エンジンが高回転になるため、
非常に独特な音がするのが特徴となっています。
この車のDPD自動再生音を収録しましたのでお聴き下さい。

DPD再生音(ニコニコ動画:sm25336171)
収録場所:水戸駅北口

122FH020012

122FH030017

128FH010012

128FH010015

128FH010016

128FH010018

128FH010019

128FH010021

128FH010022

128FH010023

128FH010024

128FH010025

128FH010026

128FH020016

128FH030024

カテゴリー: 茨城交通 パーマリンク

コメントを残す