関鉄観光バス 1608SW

79FH020009
関東鉄道 1608MK/いすゞU-LR332J+富士重工業(6E)

自社発注車で、1992年に江戸崎営業所へ投入されました。
1603TK1604TK・1609TCなど同時期の車は
車体更生を経て、特徴的な形態となった車も多いですが、
車体更生を経ても、この車は特に目立つこともないままに、
2005年、水海道営業所へと転入しています。

なお、この車体更生時には座席表皮の張り替えがなされて、
一般席・優先席とも緑色からノンステップ柄に改められており、
経年車ながらも清潔感のある車内となっています。

ところが、車齢20年目を迎えた2012年に至って、突然、
関鉄観光バス佐原営業センターの1610SWの代替のため、
関鉄観光バス佐原営業センターへ転入しました。
水海道営業所在籍時に千葉県内への乗り入れの関係で、
DPFが取り付けられたのが抜擢の理由だと思われますが、
これ程の経年車が転入することには驚かされました。

1610SWはこの車と同型式・同車体の車ですが、2008年に、
関鉄観光バス潮来営業センターの1479ITの代替のために
関鉄観光バス潮来営業センターへと転入した際に、
前面行先表示機を元々装備していた大型サイズのものから
1482TK以前に標準であった横長サイズのものに交換し、
1479ITの廃車発生品の方向幕を装填したために、
非常に特徴的な外観となっていた車です。
その後、潮来営業センターの佐原営業センターとの統合に伴い、
千葉ナンバーを付け、佐原営業センターに移管されています。

120FH000016
関鉄観光バス 1608SW/いすゞU-LR332J+富士重工業(6E)

1608SWも転入に当たり、1610SWと同様の改造が施されており、
しかも、1610SWと同じく取り付け位置が真ん中とはならずに、
向かって右上に寄せて取り付けられ、やはり強い違和感があります。
佐原営業センターが担当する一般路線は一運用しかありませんが、
通常は7017SWが運用に就き、この車は予備車扱いの様です。
その他、ナンバーステーも取り付けられました。

なお、佐原営業センターは佐原駅周辺の再開発に伴って、
2013年5月27日に佐原駅前から水郷大橋近くへと移転し、
併せて、車庫も高橋式典ハナホール向かいに移転しています。
また、関鉄グリーンバスの「あそう号」の回数券については、
販売箇所が佐原駅前の佐原水郷観光協会事務所となりました。

98FH020019

98FH020015

98FH020017

98FH020028

120FH000018

120FH000015

122FH030004

122FH030006

122FH030007

122FH030010

122FH030015

【諸元】
登録番号:土浦22あ1487→千葉200か2407
年式:1992
型式:U-LR332J
機関:6HE1(7127cc 195PS/2900rpm)
ホイールベース:4.3m


≪お知らせ≫
ex1-350px
コミックマーケット83 新刊 「Exhaust」 Vol.1
<特集>関東鉄道一般路線車車両研究 2008-2012
神保町書泉グランデさん・秋葉原書泉ブックタワーさんにて頒布中です。
ぜひこの機会にお手に取って頂ければ幸いです。

カテゴリー: 関東鉄道 パーマリンク

関鉄観光バス 1608SW への2件のフィードバック

  1. ゴリケル のコメント:

    こんばんは。
    水海道時代で珍しかったのは、6Eらしからずナンバーステーが付いていなかったことでしょうか・・・?
    自社発注の6Eの画像を一通り見てみましたが、ナンバーステー無しなのは他には1639HSと1667TCだけのようです。1639の方は鹿島時代は付いていたようですが・・・
    確か9350の代替で転属しましたが、9246の廃車ではなかったのが驚きでした。1610はエンジン不調、車検切れが重なって廃車が決定したようですが、DPF搭載の6E、という条件を考えるとある意味適任だったのかも知れませんね。

    方向幕は1479ITのものを未だに使いまわしているようですね。小学生の頃に183系特急に乗りに行ったときに初めて佐原に行きましたが、その時父が撮った写真を見ると、1479ITに乗っていたようで、それ以来何となく思いいれがあります。「鹿島バスターミナル」とかが残っていたら面白いのですが・・・。しかし、1610に続いて、中央でなく右上に設置する、というのも不思議ですね。

    最後に「東武バスイースト社番一覧」更新させていただきました。東武は意外と資料が少なく苦労しております・・・。
    この辺りがとても参考になります。
    http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/1921/index.html
    http://www.geocities.jp/bus_room/noda22_200ka.html

  2. 大曽根線 のコメント:

    >>ゴリケル様
    いつもコメントありがとうございます。
    ナンバーステーが取り付けられた車が多かったのは、
    6Eのバンパーの構造の関係からでしょうかね。
    ナンバーステーはナンバープレートの
    折損・曲損を防ぐのが本来の役割ですからね。

    方向幕の位置は改造の手間の関係でしょうかね。
    確かに一般的な位置への巻取機の固定には、
    支持具を用意しなくてはならず手間がかかりそうです。

    また「東武バスイースト社番一覧」の更新に
    ご協力いただき誠にありがとうございます。
    引き続き情報提供頂ければ幸いです。

コメントを残す