茨城オート 81H


茨城オート 81H/日野KC-HT2MMCA+富士重工業(7E)

1996年には81H、82Hの2両の大型車が投入されましたが、
登録番号が続番なのにも拘わらず、どういう訳か
81Hは富士重工業製、82Hは日野車体工業製、というように
車体メーカーが分けられており興味深いところです。

日野を主力としてきたオートでは、かつてRE120などで
日野のシャシーに富士重工業製の車体を架装していた
時期もありましたが、その組み合わせは暫く途絶え、
日野のシャシーに日野車体工業製の車体を架装するのが、
路線車に関しては長らく標準となっていました。

そのような中で、1996年に至り、突如として再び
日野のシャシーに富士重工業製の車体を架装する
路線車が登場したことは不思議な感じがします。
とはいえ、貸切車に関しては例えば、
U-RU2FTABに富士重工業製7HDを架装した車や
U-RU3FSABに富士重工業製7Sを架装した車等
日野のシャシーに富士重工業製の車体を架装した
貸切車は比較的近年でも投入されていました。

なお、親会社である茨城交通では、
P-HT225AAに富士重工業製5Eを架装した車が
つくば科学万博に併せて投入された万博車の中に
存在していますが以降、その組み合わせはありません。

車体は違えども標準尺に銀サッシの組み合わせ、
という仕様は基本的に71Hを踏襲しています。
なお、銀サッシでの導入としてはこの年が最後で、
次の101Hからは黒サッシへと変わります。
日野車体工業製車体の方はメーカーの仕様変更で、
角型ヘッドライトになった点が目立ちますが、
富士重工業製車体の方では7Eの場合、
元々角型ヘッドライトなので特に目立ちません。
テールランプが角型へと変更されたことや、
ミッションがフィンガーシフトとなったことも、
メーカーの仕様変更によるものです。

非常口側の開口部が実に日野らしいですね。

カテゴリー: 茨城オート パーマリンク

コメントを残す